小遣い生活脱出計画

闘いの記録である

稼ぐための内容じゃおもしろくない?!(裏)

アメーバから来た人こんにちは!

 

僕が決めた内容は「心の話し」だった。

 

 

自分が経験した、出会った、知った、世界や知識を紹介し、読んでくれる方の明日の活力になるように記事を書いています。

 

これしかできなかった

 

 

これに広告を貼ってあわよくば収益化なんて考えているんだけど、実際はどうなのか

 

 

僕の分析では読者の方のなかでも層があって

 

  1. 通りすがり
  2. ちら見
  3. 流し読み
  4. タイトルと三行目まで
  5. がっつり読む

 

に分かれていると思います。

 

商品などを紹介するブログなどは圧倒的に1~3までの人が多いでしょう。

 

タイトルで釣り上げても4にあてはまると思います。

 

つまり、見た人自身のためになるようなことじゃなければ5の読者層にはいかないというわけです

 

ちなみにアドセンスなどのクリック報酬型を薦めている他のブログなんかでは、

10000PV(訪問者数)に対して0.7%くらいの人がクリックするという統計を出しています。

 

でも、そういうのってボタン押すのミスったか、スマホなら指でスクロールするときに押しちゃった判定されたくらいしかないような気がするんです。

 

広告自体が本当にニーズがある内容の広告でしたらそりゃクリックするかもしれませんけどね!

 

とにかく、僕は収益化するためには5の読者層が必要だと思いました。

 

そして、この5の読者層獲得のためにまた悩むことになるのですが、それはまた明日のお話